top of page
M_back_3.png

マガジン

数学教育や塾経営に関するお役立ち情報を発信しています。

GIGAスクール構想とは

GIGAスクール構想とは

GIGA(GIGAとはGlobal and Innovation Gateway for Allの略)スクール構想の背景として、2019年当時、日本は「学校のICT環境整備状況は脆弱であるとともに、地域間での整備状況の格差が大きい危機的状況」「学校の授業におけるデジタル機器の使用時間はOECD加盟国で最下位」「学校外でのICT利用は、学習面ではOECD平均以下、学習外ではOECD平均以上」などの現状を打開するために「GIGAスクール実現推進本部」を設置しました。


部科学大臣の萩生田光一は「子供たち一人ひとりに個別最適化され、創造性を育む教育ICT 環境の実現に向けて 、令和時代のスタンダードとしての1人1台端末環境~」と題するメッセージを公開し、「Society5.0時代を生きる子ども達にとって、PC端末は鉛筆やノートと並ぶマストアイテム」であると主張しました。



また、「これまでの我が国の150年に及ぶ教育実践の蓄積の上に、最先端のICT教育を取り入れ、これまでの実践とICTとのベストミックスを図っていく」ことの重要性を主張し、これが同時に「多様な子供たちを誰一人取り残すことのない公正に個別最適化された学びや創造性を育む学びにも寄与するものであり、特別な支援が必要な子供たちの可能性も大きく広げる」ことを主張しました。(出典:文部科学省)


2020年の新型コロナウイルス感染症の拡大(コロナ禍)によって、日本国の教育分野のデジタル化の遅れが顕在化したこともあって、GIGAスクール構想の実施が前倒しされた。その結果、2021年度3月時点で全自治体等のうち1,742自治体等(96.1%)が整備済みとなり、小・中学生一人一台教育用端末の整備が完了しました。





GIGAスクール構想のメリットとしては、以下が挙げられます。


・生徒一人ひとりの状況に合わせた学習環境の提供

GIGAスクール構想が実現することで、生徒一人ひとりの学習状況に合わせた学習環境の提供が可能になります。生徒の学習進捗に合わせた学習環境を用意することで、従来の一斉学習では実現できなかったきめ細かい教育を提供することができるようになります。


また、大勢の前で話すことが苦手であっても、デジタルデバイスによるコミュニケーションであれば自分の考えを発言しやすいという生徒もおり、主体性を引き出すことができます。


・プログラミング教育への貢献

小学校のプログラミング教育が2020年から必修化されました。GIGAスクール構想によってICT機器が整備されることで、生徒がパソコン環境に触れる機会が増え、プログラミングへの興味を引き出したり、学習機会を拡大できる可能性があります。


・教職員の業務効率化

ICT環境が整備され教材がデジタル化されていく中で、教員同士の情報共有が行いやすくなりました。また、生徒からの回答などもデータで集めることができ、集計や管理が効率化することが期待されています。校内LANとは、学校内にに張り巡らされたインターネット利用のためのネットワークのことであり、校内LANを導入することによって、普通教室からインターネットに接続し、ホームページの閲覧が可能になります。また、サーバー上に蓄積された学習資源を共有することが可能となります。


GIGAスクール構想に沿った対応を行うためには



・校内LANの整備

校内LANとは、学校内にに張り巡らされたインターネット利用のためのネットワークのことであり、校内LANを導入することによって、普通教室からインターネットに接続し、ホームページの閲覧が可能になります。また、サーバー上に蓄積された学習資源を共有することが可能となります。


・学習者用PCの導入

ICT環境は鉛筆やノート等の文房具と同様に、不可欠なものとなります。一人一台の端末環境は、今の時代における学校の「スタンダード」です。各学校では、「これまでの教育実践」と「最先端のICT」の最適な組み合わせを図った授業が展開されます。文科省の「GIGAスクール構想」の推進により、多様な子供たちをダレイ一人残すことなく、子どもたち一人一人にカスタマイズされた教育を提供することを実現します。


学習ツールと校務のクラウド化

GIGAスクール構想ではクラウドの活用を推奨しています。従来のようにあらかじめPCにインストールするソフトウエアだけでなく、Webブラウザ経由で使うクラウド型のアプリケーションも導入も多くなっています。クラウド型の学習ツールは、「協働学習支援ツール」や、「グループウェア」「ファイル共有」などがあります。


次に校務システムです。文部科学省はクラウド活用により教務、学籍、学校事務などを一括管理する「統合型校務支援システム」の運用を想定しています。すでに導入している自治体では、教員の業務効率化や負担削減により、「教材研究の時間が確保できる」「打ち合わせ時間が短縮され、教材準備の時間を確保できる」といった声もあがっています。


ICTの活用

小学校で実施される学習指導要領には「情報活用能力の育成」や「ICTを活用した学習活動の充実」が明記されています。小学校ではプログラミング教育が必修化し、動画活用なども進められます。プログラミング教育では、算数や理科の単元の中でプログラミングを行う他、PCの操作を学び、理解していくことが望まれています。


まとめ

GIGAスクール構想とは、生徒1人1台の端末を利用して、個別最適化された創造性を育む教育を、全国の学校現場で持続的に実現させることを意味します。よって、子どもの潜在力を最大限に引き出すことができます。


弊社サービスのお客様である先生と生徒たちに、急速に変化する世の中の未来像が伝えられるよう、弊社から継続的にこのマガジンで皆様に有益な情報を発信してまいります。


数学バンクに興味を持っていただいた方はぜひ無料体験にご登録ください!


※無料体験はこちらから↓






Comments


AISU 合同会社

東京都千代田区有楽町1丁目2番2号9階

mkt@sugakubank.com

©2023 AISU Japan

​𝗅

bottom of page