top of page
M_back_3.png

マガジン

数学教育や塾経営に関するお役立ち情報を発信しています。

学習塾運営において生徒指導に必要な塾用教材の選び方

塾の成功は教材で決まる!?塾を開業する時に知っておきたい教材の選び方


「塾を開業したいけど、塾用教材の選び方がわからない」


塾を開業したいと思っても、こんな不安におそわれたことはありませんか。


今回の記事では、塾を開業するときの塾用教材の選び方や、重要なポイントを説明します。



塾を開業するとき一番重要なのは教材?

立地・費用・広告など開塾する際に重要なものはたくさんあります。

その中でも、塾を開業する際にもっとも大事なことは


①受講する子どもたちがしっかり成績アップすること

②ビジネスとして売上をあげること


すなわち、子供たちの成績がアップしない塾であれば、ビジネスとして売上を上げることは難しくなります。


一方で、ビジネスとしての売上がなければ十分な教材や場所などの提供ができなくなり、生徒の成績を上げることはできません。


「受講する生徒がしっかり成績アップすること」という結果を出す上で、塾用教材選びはとても重要なポイントになります。


なぜなら、教材を使って学習を進めるため、身につけることのできる能力はほぼ教材の内容になってくるからです。


また、生徒一人一人によって合う教材・合わない教材があります。生徒の年齢やレベルに合わない教材を使っても、子供の力を伸ばすことはできません。教材を吟味するということは、塾を開業するうえで非常に大切なことであると言えます。


塾を開業する前に、塾用教材の選び方

教材選びはとても重要ですが、膨大な量があるため、全く情報がない状態で選ぶのは大変です。教材を選ぶ際に、考慮すべき三つのポイントについて説明します。


・対象の学年で選ぶ

・教科で選ぶ

・費用で選ぶ


という3つの視点から塾用教材を選ぶ方法を紹介します。


対象の学年で選ぶ

基本的に教材は、生徒の学年や学習習慣に即したものを選んでいきます。その上で、目的や子どもの個性に合わせた教材を候補に入れましょう。


ただ、


・分厚い教材をいきなり始めるのはやる気が出ない

・色をしっかり使って見た目からわかりやすいもののほうが覚えやすい


など、生徒によって合う教材は違います。


特に、理解力がない小学校低学年の生徒は分かりやすいイラストがたくさん入っている教材を選ぶことが効果的です。イラストがたくさん入っている教材を使って学習を進めると、授業時間に飽きることなく集中できるようになります。そのため、子ども一人一人のモチベーションをアップさせることができる教材を選んでいきましょう。


通常、塾専用教材は書店では扱っていないため、教材の販売会社に注文することになります。教材会社は、定期的にイベント会場で教材の展示会を実施することもあるので、実際に手に取って教材を選びたい方は足を運んでください。


ICT教材を活用した生徒指導

文部科学省は、2019年にGIGAスクール構想を打ち出し次世代教育に向けて5か年計画を立てました。ICT(情報通信技術)を駆使して、全ての子供たちが「個別最適化された学び」の場を得ることをゴールとしています。また、民間教育機関でもICTを活用して授業を行っています。


ICTを活用した学習場面

各教科などの指導でICTを活用することは、子どもたちの学習への興味・関心を高め、分かりやすい授業や主体的な学びを実現します。


・一斉学習

挿絵や写真等を拡大・縮小、画面への書き込み等を活用して分かりやすく説明すること

により、子供たちの興味・関心を高めることが可能になります。


・個別学習

デジタル教材などの活用により、自らの疑問について深く調べることや、自分に合った進度で学習することが容易になります。また、一人一人の学習履歴を把握することにより、個々の理解や関心の程度に応じた学びを構築することができるようになります。


・協働学習

タブレットPCや電子黒板等を活用し、教室内の授業や他地域・海外の学校との交流学習において子供同士による意見交換、発表などお互いを高めあう学びを通じて、思考力、判断力、表現力などを育成することが可能になります。


出典:学校におけるICTを活用した学習場面(文部科学省)



学習塾においてデジタル教材導入のメリット

デジタル教材を導入するメリットとして、以下の4点が挙げられます。


<デジタル教材導入のメリット>

・生徒の理解が深まり、学習意欲も高められる

・特別支援を必要とする生徒も学習しやすくなる

・ICT、メディアリテラシーを育成できる

・先生の負担軽減や、ペーパーレス化につながる


デジタル教材では画像やイラスト、動画を使った解説ができるため、生徒の理解力に合わせた教育ができます。また、これまでの一方的な情報伝達型の授業とは異なり、生徒が主体性を持って学習できる環境を構築できることもデジタル教材の魅力です。生徒の学習意欲を高めることにより、成績の向上や新しい可能性の発見も見込めます。


文字拡大や読み上げなど、紙媒体の教材ではできない便利な機能が搭載されています。これにより、特別支援を必要とする生徒も第三者によるサポートを受けずに学習できるケースが増えるため、多くの生徒が平等な学習機会を得やすくなるでしょう。


幼いころからデジタル教材を利用することにより、スマホやタブレットなどのICT機器を扱う能力を高められます。そのため、誹謗中傷をはじめとするトラブルや詐欺などの犯罪に対抗したり、偽の情報を見分けたりするICT・メディアリテラシーを育成できることもデジタル教材の導入で得られるメリットといえます。


紙媒体の教材では、追加資料の提示やテスト等において手作業の対応が必要ですが、デジタル教材ならICT機器を使ってデータの送受信を行えます。これにより、先生の負担軽減やペーパーレス化につながることもデジタル教材ならではのメリットといえるでしょう。


まとめ

今回の記事では、塾経営の成功のカギとも言える教材選びについて説明いたしました。ICT教材を利用すると、生徒の理解が深まることだけではなく、先生の業務効率も向上します。


弊社サービスのお客様である先生と生徒たちに、急速に変化する世の中の未来像が伝えられるよう、弊社から継続的にこのマガジンで皆様に有益な情報を発信してまいります。


数学バンクに興味を持っていただいた方はぜひ無料体験にご登録ください!



※無料体験はこちらから↓

https://www.sugakubank.com/services-4



Comments


AISU 合同会社

東京都千代田区有楽町1丁目2番2号9階

mkt@sugakubank.com

©2023 AISU Japan

​𝗅

bottom of page