top of page
M_back_3.png

マガジン

数学教育や塾経営に関するお役立ち情報を発信しています。

学習塾の独立開業に成功するには?

学習塾の独立開業に成功するには?塾の独立起業が厳しいといわれる理由や失敗を避けるポイントを解説


塾の経営手法とは

学習塾は、仕組みやインフラを形成し定額でサービスを提供することで、継続的に収益が獲得できるビジネスモデルです。学習塾を経営する方法は、個人経営とフランチャイズの2通りあります。以下で、それぞれの手法について解説します。




個人塾

個人塾は、1つの企業として塾を経営する手法です。学習塾の方針や運営方法を自由に決められます。また、生徒の受講費のすべてが利益になるため、経営者の力量によって大きく稼げる可能性があります。しかし、自由度が高い分、開業準備から開業後の生徒指導まですべて自分でやらなければいけないデメリットがあります。また、ノウハウや知名度がなければ集客に苦労します。



フランチャイズ

フランチャイズは、塾を運営する本部に加盟金を払い、グループの1つの塾として経営する方法です。この場合、本部事業元のサポートは万全です。コンビニやチェーン店などと同じように、本部によって塾の運営の方法が決まります。学習塾の知名度やブランド力、マーケディングノウハウなどを利用できるため、効率のよい経営が可能です。ただし、成功するには、塾長自身の自立的で主体性のある姿勢が欠かせません。集客や教育に関するノウハウを積極的に吸収し、実践することが成功の鍵になります。



塾経営が厳しいといわれる理由

個人塾・私塾の経営が難しいと言われる理由には、以下3つの理由があげられます。


・子どもの数の減少

・参入障壁が低い

・優秀な塾講師が集まらない



少子化で子どもの数が減っている

2019年の出生数は86万5,239人となったことで、過去最少の数値を記録しました。日本は少子高齢化が進んでおり、子どもの母数が減り続けることで、塾を利用する子どもの数の減少が予想されています。しかし、子供の学習の費用は上昇しているため、塾の需要は高くなる可能性があります。今後の塾業界は、同業社による競争が激化するでしょう。




参入障壁が低い

塾は開業資金が低く、1人で経営を始めやすい点が特徴です。

学習教材や教育管理システムのIT化などにより、教育にかかる手間やコストが減少しています。塾業界は新規参入が容易なため、大手塾を含めて生徒を集客する競争が激しくなります。経営を成功させるためには、他の塾との差別化が重要です。





塾講師が集まらない

塾を経営する際は、生徒だけでなく講師を集める必要があります。塾を経営するうえで、優秀な講師の存在は貴重です。しかし、個人塾・私塾では優秀な塾講師が集まりづらいことも成功が難しい要因です。優秀な塾講師の多くは、高い給料と安定した環境を求めて大手塾に流れる傾向にあります。個人塾は大手塾と比べて資金力が低いため、優秀な講師を集めることが難しいです。また、学習塾の業務環境は激務になりやすく労働環境の改善が求められています。講師の待遇や業務効率化などに取り組み、優秀な講師が集まる環境を構築する必要があります。


塾の独立開業のメリットとデメリット

塾開業をする前に注意点を押さえておくと安心です。ここでは、学習塾ビジネスを始める際の注意点を具体的に紹介します。


塾の独立開業のメリット

小規模の塾は開業資金が少なく、副業で事業を始めやすい点がメリットです。塾は教育業であるため、店舗ビジネスのように仕入れや在庫管理などの業務が発生しません。また、大きな利点の一つは、他業種と比べて開業費用が比較的抑えやすいことです。日本政策金融公庫の「2021年度新規開業実態調査」によると、開業費用の平均値は941万円であることが分かります。その中でも学習塾の場合、加盟金などがかかるフランチャイズ経営でも、500万円程度からスタートできるため、割とチャレンジしやすいビジネスです。また、ITの学習教材や映像授業などを工夫することで、少ない時間でも効率のよい教育が可能です。


塾の独立開業のデメリット

学習塾の独立の際は、教室の確保や設備投資などの初期費用が必要です。また、経営が安定化するのに時間がかかります。また、子どもの数が減るなかで、他の塾と生徒の取り合いになるため、集客に困ることも予想できます。具体的には、2021年と比較して2022年の時点で15歳未満の人口が28万2千人ほど減少しています。


学習塾は、子供の数の減少によって生徒を取り合う競争が激化しています。少子化によって対象とする生徒数自体が減少し、それが個人塾・私塾の経営を厳しくしているのです。学習指導の実績を作るまでに時間がかかるので、長期目線での経営を意識しましょう。学校の教育内容や入試制度に応じて、カリキュラムや指導要領の変更にも対応しなければなりません。




まとめ

学習塾の独立・開業に成功するには、入念な準備が必要です。開業前には、資本金の準備や塾のコンセプトにあった教室や設備の準備、マーケティング戦略の立案などが欠かせません。個人塾の場合、独自の教育指導が可能であるため、柔軟かつ効果的な教育ができる点が強みとなります。一方、フランチャイズ塾の場合、本部事業元のサポートが万全であるため授業準備やマーケティングにかける手間を省くことができます。


数学バンクに興味を持っていただいた方はぜひ無料体験にご登録ください!

※無料体験はこちらから↓



Comments


AISU 合同会社

東京都千代田区有楽町1丁目2番2号9階

mkt@sugakubank.com

©2023 AISU Japan

​𝗅

bottom of page