top of page
M_back_3.png

マガジン

数学教育や塾経営に関するお役立ち情報を発信しています。

塾講師の平均年収は?


塾講師の平均年収は?

「学習塾の年収は低そう..」「塾講師だけでは暮らしていけないのではないか」と不安に思う方は多いです。


子供に物事を教えるのが好きで、将来は教育関係の仕事がしたいと考える人は多いです。職業の選択肢のひとつとして塾講師という仕事がありますが、勤務体系や年収、将来性などが気になりますよね。この記事では、塾講師の平均年収、年収アップ方法、仕事内容などをぜひ参考にしてください。



塾講師の年収はどれくらい?

厚生労働省の調査によると塾講師の平均年収は約575万円程度です。日本人労働者の平均年収は約440万円であるため、塾講師の平均年収は日本人労働者の平均年収に比べてやや高めと言えます。また、実際には雇用形態、年齢、性別、塾の規模によっても平均年収は大きく異なります。そのため、一概に平均年収だけでは塾講師の給与を正確に把握することは難しいです。


塾講師の平均年収は雇用形態によっても大きく変動します。


・教室長の平均年収

・正社員の平均年収

・バイト(非常勤講師)の平均年収


大きい規模の学習塾の教室長の平均年収は600〜800万円程度と塾講師の平均講師と比べると高い水準にあります。教室長は、塾の教室を経営・運営を統括する役職であり、学習指導を行うだけでなく以下の業務を担当します。



アルバイト講師のマネジメント

教室の売上管理

新規生徒の募集

生徒の保護者の対応


教室長は仕事内容が多岐にわたり責任も大きいため、平均年収も高めに設定されています。



塾の規模による年収の違い

有名な学習塾では対応すべき塾生も多いので、小規模な個人の塾などとは年収はかわってきます。ほかの職種と同じように、大手のほうが年収が高い傾向があります。その中でもカリスマと呼ばれる塾講師は年収1,000万円を越えることも珍しくありません。


塾講師の残業代

学習塾で働いている塾講師の場合、過去、残業代未払いの問題が発生しましたが、働き方改革により残業がほとんどない学習塾も多くあります。



塾講師が年収アップする方法



・キャリアアップを目指す

塾講師としてキャリアを積むためには、まずは講師として正社員として登用される必要があります。そして、正社員に登用された後に在籍している教室でキャリアアップをして、教室長やエリア長などのマネジメント・管理職に就任できれば基本給が大きく上がる他、役職手当などがつき年収があがることが期待できます。


・成果を上げて、人気・有名塾講師になる

塾講師の成果とは生徒に好かれて「難関校への合格者を増やす」ことが重要です。生徒や生徒の保護者から好かれることで良い評判が広がって自身の評価が良くなるでしょう。また、人気講師になったりキャリアアップをして大手の塾で講師をしたりすれば年収アップできます。


・独立・開業をする

独立・開業をして学習塾のオーナーやプロ講師になると、個人の実力で大きく年収を上げることが可能なメリットがあります。授業するのが好きで、生徒に教えることが生きがいであれば、生徒を集めて独立する選択肢もアリです。独立して、塾の売上=100%自分の取り分、自分の売上に変えるのが最も効率的だと思います。



個人塾とフランチャイズ塾

学習塾といえば、一昔前は教室のように一つの部屋に机を並べ、講師がたくさんの生徒に勉強を教える集団指導が一般的でした。この経営モデルであれば塾講師一人で20人程度の生徒を指導することができ、小規模な塾でも潤沢な利益を確保できました。しかし昨今は、塾に通う生徒のニーズが集団指導から個別指導へ流れています。また、新たに塾の開業を目指す人にとっては、フランチャイズ本部に加盟することも有力な選択肢として視野に入れるようになりました。



・個人塾

一人で学習塾を開業し、経営することの最大のメリットは、なんと言っても自由に塾の運営方針を決めることができることです。どんなスタイルの塾にするのか、どのようにカリキュラムを組むのか。そうした塾としてのあり方を考え、生徒一人ひとりに合わせて勉強を教えることができます。


また、個人で開業する場合には後述するフランチャイズ加盟時の加盟金やロイヤリティが必要なく、コストを抑えて開業することができます。


一方で、塾の経営ノウハウや、生徒の効果的な集客方法などは、すべて自身で学び、実行しなければなりません。また、立地によっては大手の塾が競合となることも多く、知名度や実績で劣ってしまう分、集客に苦戦することもあります。


・フランチャイズ塾

フランチャイズ本部に加盟して塾を開業する場合は、すでに多数の塾を展開している本部のノウハウを得ることができます。自分で塾の宣伝戦略を立てなくても高い知名度を持ち、全国規模でTVCMを展開するなど広告戦略にも力を入れているフランチャイズ本部であれば、新規生徒を募集しやすく、早い段階から売り上げを伸ばすことも期待できます。


ただし、ほとんどのフランチャイズ本部では月々の「ロイヤリティ」の支払いが必要となります。ロイヤリティの設定は月間売上の5〜15%になるのが相場です。また、これ以外に入学金のうちの一定割合がロイヤリティとして設定されているケースもあります。ロイヤリティは本部のサポート体制の対価と言えるものですが、個人で開業する場合と比べて利益率が下がってしまうリスクがあります。



まとめ

今回の塾講師の平均年収と年収をアップさせるための戦略について解説しました。塾講師として働きながら年収をアップするためには、教室長になったり開塾することが有効です。会社に所属しながらある程度の経験と実績を積み、個人塾を経営して独立するのも手です。


数学バンクに興味を持っていただいた方はぜひ無料体験にご登録ください!

※無料体験はこちらから↓



Comments


AISU 合同会社

東京都千代田区有楽町1丁目2番2号9階

mkt@sugakubank.com

©2023 AISU Japan

​𝗅

bottom of page