top of page
M_back_3.png

マガジン

数学教育や塾経営に関するお役立ち情報を発信しています。

効果的な学習塾のウェブ集客方法

求められている授業の多様化に気づく

厚生労働省によると、2022年の出生数は7年連続で減少し、約77万747人となり、初めて80万人を割り込みました。これは、学習塾業界が全盛期である1980年代の約半分の数となっています。


全盛期に比べ、学習塾の市場規模が約半分になっているのです。


質の良い教育を提供すれば生徒が集まる時代はもう終わり、生徒募集に力を入れないと市場で生き残れない時代です。総務省「経済センサス活動調査」には、学習塾業界の事業所数推移だけでなく、廃業した事業所の数も報告されています。それによると、


2012年: 8,727事業所

2016年: 9,639事業所

2021年: 17,568事業所


となっており、廃業している学習塾の事業所が激増していることが分かります。


子どもの数が減少しているのは今に始まったことではなく、少子化時代でも生徒を増やしている塾は全国にたくさんあります。少子化で学習塾業界の競争が熾烈を極める中、教場を増やし、生徒数も年々上昇している学習塾もあります。


今回の記事では、SNSを使った効果的な学習塾の集客方法について説明します。




保護者目線で集客する

学習塾の集客ターゲットは決定権をもつ保護者。新規生徒の募集において難しい点は、決定権が本人ではなく保護者にある事です。その保護者に向けてどのように情報を提供するのか。今の保護者が情報収集に使う主な媒体はスマホでWebによる検索がメインとなります。


保護者目線を捉え、自社の提供する教育カリキュラムをWebメディアに合わせて宣伝する方法を考えましょう。


特に、WEBメディアで保護者の不安や悩みに対して適切な媒体で答えを示すことが効果的です。保護者の悩みに対して、幼児教室が提供している知能教育や自ら考える力を育むカリキュラムを正しく認知させる事ができれば、幼児教室への興味関心を喚起する事が可能です。生徒の保護者がよく使う媒体を通じていち早く信頼性の高い情報を発信し学習塾の集客に繋げましょう。






SNSやブログを最大限活用する


SNSによる発信は広く浅く、拡散性は高いですが情報の深掘りはできません。こまめに情報を発信し、面白そう、信用できそう、わかりやすそう、という「〜そう」という興味をひきましょう。更新頻度を多くして鮮度の高さをアピールすることも大事です。以下のメディアを中心に発信することをオススメします。


・Twitter

・Facebook

・Instagram

・LINEタイムライン


また、情報の続き、深掘り、見る側にとって有用性の高いコンテンツを見せ配信元は信頼できると思うかどうかはコンテンツにかかっています。ここで自塾の紹介をするのでは無く、例えば、「自立した考えを身につけるために必要なのは〇歳までに〇〇を経験させること、その根拠は…」といった有益な情報を提供します。


そうして子どもとって必要な事がわかった保護者は次に行動をするわけですが、あまり興味の無かった保護者でも、このあたりから幼児教室に行ってみようかな…と具体的に考え始めます。





また、参考にすべきなのが、ネットでの学習塾の集客ノウハウが学べる本やサイトです。


今では様々な場所から有益な情報が出ているので、様々な媒体からスキルや運営方法などを学ぶことで、より効果的に学習塾の集客ができます。ウェブマーケティング関連の本では、集客の方法を網羅しているものや、Facebook・Twitterに特化して活用方法を紹介しているものがあり、自らのニーズに合わせ読んで実践することが重要です。




オウンドメディア

SNS、コンテンツからの流入、他には関連ポジショニングメディアや比較サイトへの掲載、検索エンジンのリスティング広告の活用など拾われる可能性を広げ、自社のオウンドメディア(ホームページ等)へ誘導します。


ここまで見にくる人は少なくとも学習塾や子どもの教育に興味があるか、競合他社かと比較検討をしているが始めようか悩んでいる人達と見込んで差し支えないはずです。お目当ての車を買いたいと思ってディーラーに来店したお客様のように、あとは提案しだいで気持ちを満たす事ができれば商談が成立するという段階です。


ただしネットの場合、商談は自分でするのでは無く、文章、画像、動画、自分が手掛けたメディアが相手に提案するので、しっかりとサイト構成を考え、申し込みまでの導線をイメージしメディアを作りこみましょう。





まとめ

低予算で塾の生徒を増やすためには、インターネットを新たな集客チャネルにできれば効果的に集客できます。自塾のコンセプトを明確にして、活用するSNS媒体を選択し、生徒や生徒の保護者ににどう伝えるかを決めていくことが大切です。


数学バンクに興味を持っていただいた方はぜひ無料体験にご登録ください!

※無料体験はこちらから↓

Comentários


AISU 合同会社

東京都千代田区有楽町1丁目2番2号9階

mkt@sugakubank.com

©2023 AISU Japan

​𝗅

bottom of page