top of page
M_back_3.png

マガジン

数学教育や塾経営に関するお役立ち情報を発信しています。

デジタル教材とは?主な機能を説明

デジタル教材とは

デジタル教材とは、タブレットやスマートフォン、パソコンなどのICT機器で利用・作成する教材のことです。デジタルデバイスの導入により、従来の紙媒体ではできなかった「動画」や「音声」を使った教育が可能になります。さらに、インターネットと組み合わせられることもデジタル教材の特徴で、多角的な生徒指導ができます。



デジタル教材が普及した背景

日本政府はGIGAスクール構想を推進し、小中学生1人につき1台のICT機器の普及を進めてきました。これにより利用可能になったのがデジタル教材です。紙媒体よりも生徒の学習意欲が高まり、特別支援を必要とする生徒でも学びやすいデジタル教材は、多くの教育機関で取り入れられています。



デジタル教材とデジタル教科書の違い

文部科学省は2024年度のデジタル教科書本格導入を目指していますが、ここで「デジタル教材とデジタル教科書の違いって何?」と考える方も多いでしょう。この2つには以下のような違いがあります。


・デジタル教科書:紙の教科書にある内容を全部をそのまま記録した電磁的記録である教材です。(電磁的記録に記録することに伴って変更が必要となる内容を除く)

・デジタル教材:上記教科書での学習を手助けする副読本です。


※参考:文部科学省「学習者用デジタル教科書に関する法令の概要」


デジタル教材は「市販の参考書」に近い位置付けといえるでしょう。教育現場において中心的な教材として利用されるのは教科書ですが、教材はそれを適切にサポートします。教科書だけではわかりにくい・伝わりにくい箇所も、デジタル教材があればスムーズに解決できます。



デジタル教材の主な機能

続いて、デジタル教材の主な機能を見ていきましょう。以下にリストアップしましたので、実際に活用するときの参考にしてみてください。


<デジタル教材の主な機能>

・キーワード検索

・協働学習コンテンツ

・ルビ対応

・文字拡大

・読み上げ

・動画、写真、イラスト

・オンライン対応


内蔵された百科事典などの資料群にアクセスし、授業や調べ学習に必要な情報を簡単に見つけられます。また、難しい単語へのルビ振りも独自に行っているほか、動画などを使って学習内容の理解を深められることもデジタル教材の魅力です。さらに、オンライン機能も利用でき、場所・端末を選ばずに学習できるメリットがあります。最近、学校現場のICT教育をサポートする企業も多いです。


学習支援ツールやデジタル・ICT教材を扱った学校や学習塾現場への利活用の支援、探究学習等での活用促進、学習の最大化を実現します。今後さらに導入が拡大していくデジタル教材を、単なる導入だけで終わらせず、着実に教育DXを推進していきます。


授業で、友達と共有、議論、評価しあいながら新しい知識を習得していく能力を養っています。授業の中で、ICTを有効に活用し、子どもたちが自ら情報を調べ、共有していく中で、コンテンツだけではない、コンピテンシーを身につけるようになります。タブレット端末などで学習しながら単に動画などを受け身で見るだけではなく、自分の手を



動かしながら「これはこうかな?」「こうしたらどうだろう」と試行錯誤しながら学ぶこともできるように設計されているデジタル教材も多いです。


また、タブレットの中の世界だけでなく、紙のワークやエデュトイと組み合わせて学べるように設計されていることも多いです。学んだことを実際にどう生かすかを創造できるところまでセットにして取り組めるので、実生活で生きる形で学びが定着します。


光文書院が実施したICT端末、小学校現場のデジタル教材 の活用状況調査結果によると、学校生活のどのようなタイミングで端末を利用することが多いかを聞く、全学年において「デジタルドリルでの予習や復習」「資料動画の閲覧」「授業中の発表など協働学習」の選択が多く見られました。また、授業中にデジタル教材を使うと子どもが楽しんで勉強することができるようになります。


まとめ

デジタル教材は、補助的に用いられる教材として使用する参考書のような教材のことで、紙媒体の教材では実現できない音声や動画を使った指導が叶います。授業でデジタル教材を効率的に使うことで、先生の業務負担を減らし生徒の学びが定着します。


Comments


AISU 合同会社

東京都千代田区有楽町1丁目2番2号9階

mkt@sugakubank.com

©2023 AISU Japan

​𝗅

bottom of page